再生エネルギーの地産地消

中小型の設備が大活躍

不適切な施工が行われた土地が太陽光発電所によみがえる

news02.jpg
  • 2030年までに脱炭素社会実現、これに向けて、世界中でCo2 削減の動きが強まっています。

  • 世界的なSDGsの推進の流れ、株主や投資家がESGを重視する中、地産地消の太陽光発電所の環境価値はさらに高まります。

  • 中小型の再エネ発電所を増設のネックとなっているのが、土地の確保、当社は地元で土地の再生、再エネ発電所用の土地開発に取り組みます。

中小型の再生エネルギーの典型、太陽光発電所
  • 残念なことですが、無許可で埋め立て工事や森林伐採をする業者は後を絶ちません。

  • 当社の使命は、不適切な施工が行われた土地をきちんと整備し、太陽光発電所が建設できる適正地へと土地の再生、開発を支援することです。

  • また再生された土地の買い手も探します。

image3.jpg
​整地で再エネ発電所適正地によみがえる
買い手は都心の企業が多数、当社がおまとめします
image7.jpg
aboutus04.jpg
エネルギーは火力発電所中心から再エネ中心へ
image6.png
image2.png

みなさまにお願いです。

土地の大小、現状の姿に関わらずお気軽にお声がけください。​​​

  • 300 坪以上の平坦な土地が最適

  • 遊休地、過去に不適切な埋め立てが行われた土地も応ご相談

  • ​今後、行政による費用助成が期待

  • 多少の伐採・整地は、応ご相談

  • 土地科目は山林・原野・雑種地

  • 農地も可能、営農型といった手法もご相談可能

  • 土地の所有権、地上権、いずれの売買も可能

  • 近くに電柱が必要

不適切な施工が行われた土地でもきちんと整備し、

太陽光発電所を建設できるよう開発、

土地の再生、開発を支援します。

​それが当社の使命です。